仕事をする時には、腰を使うことが非常に多くなっています。特に力仕事の場合は、何かを持ち上げる時には腕とともに腰を使います。腰に問題が起きてしまうと、全く仕事をすることが出来なくなってしまう場合もありますので、十分注意する必要があります。特にヘルニアになってしまうと、全く仕事をすることが出来なくなる可能性もあるので注意しましょう。ヘルニアの原因としては、急に重いものを持とうとしたり腰を激しく捻ってしまったりした時に発生します。ヘルニアになった直後は痛みが激しくて動くことが出来ません。それでも2週間から3週間で痛みは和らぐのですが、慢性的な痛みとなってしまいます。単純に腰が痛くなってしまうので、色々な動きや作業に支障が出ることになります。ヘルニアが激しくなってしまうと、手足がしびれてしまうこともあります。腰が痛くなってしまう他にも、おしりの部分や太ももや膝に至るまで、色々な部分が痛くなる症状を伴うことがあります。